Skip to content

データ構造

MicroBucketが扱えるデータ形式は、カンマ区切りデータ(CSV)に似ています. データは「バケット」「ファイル」「レコード」と呼ばれる単位で管理されます.

レコード

レコードはMicroBucketにおけるデータ記録の最小単位です. CSV形式のデータの1行に相当します. 1つのレコードはタイムスタンプとデータを持ちます.

タイムスタンプ

タイムスタンプはレコードを識別するための一意な正の整数値です. 多くのアプリケーションでいわゆるUNIXTIMEをタイムスタンプとして利用することが想定されています.

データ

0個以上のテキストの配列です. 配列の要素はカラムと呼ばれます.

ファイル

レコードのまとまりはファイルとして管理されます.

  • ファイルには fil_ から始まるIDがシステムから割り当てられます.
  • ファイルには名前が付けられます.

バケット

バケットはファイルのMicroBucketにおけるサービス管理の最小単位です.

  • バケットには bkt_ から始まるIDがシステムから割り当てられます.
  • 1つのバケットには複数のファイルを格納できます. (一般的な「フォルダ」に相当します)
  • 容量の上限はバケット単位で設定されます.
  • 1つのバケット内でファイル名は重複できません.
  • 課金の根拠となる使用量はバケット単位で集計されます.